趣味のHome Page のTopへ
 登山の山行履歴表へ
5/18 25周年記念登山 三湖台~青木ヶ原樹海コース
 7/25~26 山綾会個人山行 八方池
 
 
  
    C-3コース
「山綾会ブログ」より拝借
十二ヶ岳 (節刀ヶ岳・鬼ヶ岳) 
〇 コース 
海老名(バス)-海老名
IC - 河口湖IC - 桑留尾
  ・・・・ ・・・・ 地蔵 ・・・・  十二ヶ岳 ・・・・ 往路を戻る・・・・  桑留尾 (バス) -河口湖IC - 海老名IC -  海老名

 参加者 16名 

  天候に不安抱えながら予定通りバスを降り西湖の湖畔を出発しました。
 新緑の中、十二ヶ岳を
目指して、所々に架かるロープを
頼りに急登の登山道を登って行くと、最初 は良かった天気も頂上直前でとうとう雨が降って来てしまい雨具を着けて十二ヶ岳に到着しました。
 雨の中、次に節刀ヶ岳に向かって出発したところ、登
山道がこの山行で最難関と考えていた所に差し掛かりました。
 実際に見てみるとかなりの傾斜と高さがあり、雨も降り雷が鳴る悪条件もあり、やむなく先に進むことを断念し、もと来た道を引き返す事にしました。
 湖畔に降りてくると雨が止んでいたので、湖のほとりで雨の中で食べられなかった昼食にして、バスに戻りました。
 
 
     山綾会創立25周年を記念して行われた今回のバス山行は、スバル観光バスの大型バスを利用し、2コース合同で行われました。私が所属するC1コースが27名、C3コースが16名の合計43名が参加しました。
 C-3コースの登山口に近い桑留尾(くわるお)というところで一旦バスは停車し、メンバーが下りたところで、バスは再び私たちC-1コースのメンバーを乗せて西湖根場浜(ねんばはま)駐車場に向かいました。
 本来のコーススタート地点は「西湖民宿」でしたが、天気予報がよくなかったことと、現地近くになってから雷の音が聞こえたりして、リーダーたちは雷雨を心配し、コースを一部変更して安全を最優先とし、青木ヶ原樹海散策から始めました。
 コウモリ穴を見学、そして三湖台へ。広くて平坦な山頂からは西湖や青木ヶ原樹海を見下ろし、紅葉台へ。紅葉台展望台レストハウスで昼食をしている間に雷鳴とともに激しい雨となり、残りのコースを中断して下山にかかりました。
 間もなく雨はやみ、厚い雲の中から青空が広がっていきました。
 C-3コースも最初の十二ヶ岳頂上間近から雷と雨に見舞われ、1山を登ったのみで退き返さざるをえなかったので残念だったと話していました。
 帰り際に「道の駅なるさわ」に立ち寄り、各自野菜や果物、お土産品などを購入し、晴れた空の下、お菓子が行き交うバスの中では、家路に向かう会員達の談笑が続いていました。  
   
 
      
 
 
      綾瀬市内発(6:00) - <バス> - 海老名IC ー 厚木PA着(7:42)- 河口湖IC- 西湖民宿根場浜(ねんばはま)駐車場着(8:40) ・・・ <青木ヶ原樹海> ・・・ 西湖蝙蝠穴管理事務所着(9:37) ・・・ 三湖台着(11:30)・発 (11:37) ・・・ <東海自然歩道> ・・・ 紅葉台着(11:45) 昼食後発(12:59) ・・・ 紅葉台入口バス乗り場着(13:11) ー 西湖民宿根場浜駐車場桑留尾着(13:30) C-3の到着を待つ 合流後発(14:20) ー 西湖民宿根場浜駐車場着(14:30) トイレ休憩後発(14:35) ー 道の駅なるさわ着(14:50)・発(15:15) ー 河口湖IC ー 厚木PA発(16:40) ー 海老名着(17:00) ー 綾瀬市内
担当: 筒井さん 村上さん
参加者: 27名   私の万歩計: 19,750歩 
   
 
 
 
スバル観光バスの大型バス利用
  7:48 厚木PAでトイレ休憩

 
 8:20 西湖湖畔を走るバスの車窓より
 8:33 C-3クラスは桑留尾で下車、
十二ケ岳への最短距離の
「西湖桑留尾登山口」より登山開始
 
8:33 バスで西湖観岳園キャンプ場
横を過ぎて

8:40 私達C-1クラスは西湖民宿根場浜
(ねんばはま)駐車場で下車、
身支度を整えてから
8:45いざ 出発

8:46 すぐ近くの「ぼっちら橋」を渡りました
 
                          根場浜(ねんばはま)駐車場と「ぼっちら橋」                               

 
根場浜駐車場から西湖を左に見て
青木ヶ原樹海を歩きました。

9:00 「蝙蝠穴・龍宮・風穴▶」の道標が見えてきました 

9:06の現在地 

9:01 「コウモリi穴に向かって直進します

この林にはたくさんの
ギンリョウソウが見られました


 
                      9:17の現在地                                
 
                             9:22  八岐大蛇(ヤマタノオロチ)風 檜(ひのき)の奇木                                  
 
                            9:24  「雨宿りの穴」    

 9:26
栂の巨木帯
樹齢約300年

9:37 「西湖蝙蝠穴管理事務所」に到着
 
 
 
 
 
 
 
 

ヘルメットを着用して蝙蝠穴遊歩道を行く


西湖コウモリ穴入口へ向かいます

青木ヶ原樹海ネイチャーガイドの
話に聞き入る人たち

                        9:50  コウモリ穴入口に到着しました                      

10:06 見学終了

10:23 次の目的地へ

10:28
「歓迎 西湖民宿村」の看板が出てきました

10:35 直進するとすぐに

「三湖台登山道」「三湖台登山道入口」の
2つの道標がありました

10:45 登る!登る!
 
                                 新緑に目を休ませる暇も体力的なゆとりもなく                                 
11:05 「登りのあなたは1番前へ!」
「はいっ!」と声だけは元気な私!
11:23 「あと少しよー!」と
先頭を行く筒井さんの声
 11:30 「三湖台」頂上に出ました!

「三湖台 標高1202.56m」 
   
  
  
 
               樹海を望む                 
  
  
  
           時折雷鳴の轟く中、「三湖台」頂上で記念撮影準備中  撮影終了後、「紅葉台」に向けて下山する                 

11:37 「東海自然歩道」を通って
「紅葉台」に向かう
  

11:45 「紅葉台展望台レストハウス」着

コーヒーか なめこ汁(250円)を注文
私は途中で購入したおにぎりで昼食
  リーダーの予測が的中し、ゆったりと周囲の風景を堪能しながらの昼食中、雷鳴と激しい雨に見舞われました。次々と到着する中学1年生4クラスの生徒さんたち、急いで席を譲りました。
 昼食後屋上に出てみようと思っていましたが、雨で不可能でした。雨の降る前でも霧がかかっていて本来の美観は期待できなかったでしょう。
 屋上は、広いテーブルが数個ある木製の広々したデッキで、晴れた日には青木ヶ原樹海や南アルプス、本栖湖、精進湖、西湖と見渡せるそうです。 


         12:59  雨の中紅葉台展望台レストハウス」を出発  13:01 「木曽馬牧場」通過      

13:02 皆さん、一斉に
何を見ていたのでしょうか?

13:04 青空が出てきました

13:11 「紅葉台入口バス乗り場」着
スバルバスで「西湖根場浜駐車場」へ。
担当者に電話が入り、「桑留尾」まで
バスでC-3を迎えに行きました

13:30 「桑留尾」着
C-3グループの到着を待つ

14:20 C-3のメンバーが合流し
再び「西湖根場浜駐車場」へ。トイレ休憩後
14:35 「道の駅なるさわ」へと出発

14:5015:15 「道の駅なるさわ」にて。
駐車場の向こうに「富士山博物館」
  
             帰宅途中で立ち寄った「道の駅なるさわ」でお土産を買い込みました。 富士山も姿を現してきていました。              
     
      ページの先頭へ
      copyright©2017  all rights reserved.
inserted by FC2 system