本文へスキップ

パソコンにも徐々に慣れてきましたので、今年はデザインを変えてみました !

登山 : 山綾会



集 合:JR八王子駅 9:15
コース: 
八王子駅 9:47発(バス) ー 相模湖駅 ー 10:40 大垂水峠バス停下車 … 12:10小仏城山<昼食タイム 12:40発>… 13:08 一丁平 … 13:52 もみじ台 … 14:07 高尾山直下のトイレ … 4差路 … 裏道分岐 …<3号路>… 14:22 かしき谷圓地 … 14:34 欄干橋 … 木橋 … 木橋 … 木橋 … トラバース分岐 …<2号路>… 琵琶滝分岐 … 石広場 … 東京高尾病院 … 妙音橋 …16:00 清滝駅着・解散
歩行時間: 約4時間
参加者:16名(内男性1名)
             

             高尾山花めぐり Part-7

 もともとは相模湖駅集合でしたが、途中で八王子駅集合に変わりました。理由はバスに乗ってからわかりました。高尾駅バス停からドーッツと登山者が乗り込んできたのです。1日2本しかないバスですので、大変込み合っていて、立っている方は大変だったでしょう。
 
 大雨の翌日となる当日は、朝から晴れあがり暖かいので、電車の中で上着を脱いできました。ところが大垂水峠で下車しますと、外気温は肌寒く感じるほどで、準備体操後上着を着込みました。
 新入会員さんがお一人いらして、自己紹介がありました。

 7回目の登山で、毎回異なった登山道を歩いてきましたが、途中の通過地点は何度か通っています。
今回はコースよりも、春・夏に見た花が、秋になってどのような実をつけるのかに関心が向きました。
これまでは、雑草として見向きもしなかった草花の成長後の姿に目を向けることになったのは、繰り返し花名とその特徴を、片っ端から伝えていらした植物学者のKimさんのお蔭です。

 記録している私は、さぞかし花の名前を覚えただろうと思われそうですが、そうはいかないのが 現実です。山仲間も、次回の花巡り最終回の納会でKimさんに花の名前を聞かれたらどうしようと、結構真顔で話していました。Kimさんは、それはないとおっしゃっていますので、それを信じることにいたしましょう。

 ちなみに最終回の納会は、ケーブルカー駅の高尾山驛近くの「高尾山キッチンむささび」で軽食で行うそうです。その近くの香住売店で売っている「天狗焼き」は、リーダーのTsukuさんのお話によりますと、(先日テレビで放送していたそうですが)、八王子の饅頭、手土産部門のグランプリに輝いたそうで、「高尾山 花めぐり Part-6」で実際に購入した私たちは納得した次第です。
 また、高尾山めぐりシリーズ皆勤者が、私を含め2名いるようで、何か記念のお品がいただけるということですので、そちらも今から楽しみにしています。

 Kimさんのお話で、紅葉は外気温が8℃~5℃で一気に進むとおっしゃっていましたが、今回の「一丁平」から「もみじ台」にかけての紅葉は、黄色・赤・オレンジと色が冴えてとてもきれいでした。
 木の実、花の実も多種多様で、そっと手に触れたり、落ちているものは皮をむいて、中身を観察するなど、大変勉強になりました。特に印象に残ったのは、サネカズラ、マユミとツルギキョウの実でした。

9:32 八王子駅バス停

10:40  大垂水峠で下車、肌寒い感じ。
    バスの進行方向へ歩む
 
10:41 ここで準備体操を行う
10:54  「これより神奈川県」と書いてある道標の手前の階段から登山道へ

11:19  

11:56

12:08 階段を上って左へ

12:10  小仏城山到着

12:11 天狗さんに再会

12:11 城山茶屋は本日休業 12:40までベンチで昼食 

城山茶屋前の紅葉

12:50 城山茶屋から一丁平に向かって 

12:57  真っ赤な紅葉

12:58

13:00

13:08 一丁平到着

13:08 一丁平

13:22 一丁平~もみじ台への中間点

13:27 「もみじ台案内板」前で

13:26 関東ふれあいの道「一丁平~もみじ台」への中間点 

13:43 ここも真っ赤な紅葉  
 
13:48 マユミ(ニシキギのなかま)の実 


13:50 現在地は「もみじ台」

13:49 もみじ台の紅葉

13:52 「もみじ台茶屋」前を通過
 
13:53 美味しい「なめこ汁」を
    懐かしみながら

 13:53「もみじ台茶屋」手前のベンチ
    で休憩する人たち

13:59 「現在地」から左下の5号路へ

13:59 左の5号路へ 階段は頂上に 
    右も5号路(高尾山直下を廻る道)

14:07 山頂直下の近代的トイレ

もみじ台 ⇒ 5号路 ⇒ トイレ ⇒ 3号路 ⇒ 琵琶滝分岐 ⇒ 清滝駅

混雑期間中、事故防止のため8:00~14:00の間6号路は下れません
一方通行期間中、6号路のトレイルランニングはご遠慮ください

14:12 3号路を琵琶滝分岐へ

14:22 「かしき谷圓地」を通過

14:34 3号路の名所「欄干橋」を渡る

14:47 大きく蛇行しながら谷をこのような木橋で3回渡る。
   
 ⇒ 浄心門・自然研究路1号路方面へ
最近、カメラの電池が消耗したようで、枚数が撮れなくなってきました。本日の撮影はここで終了です。この後「琵琶滝分岐 …<病院コース>… 石切広場 … 妙音橋 … 16:00 清滝駅前 … 京王線高尾山口駅」へと下山は続きます。  

information店舗情報

山綾会の植物学者:
 Kimさんのメモより

本日見られた花
1 シラヤマギク
2 ヤクシソウ
3  タムラソウ
4  センブリ
5  ベニバナボロギク
6  ミゾソバ
7  ハナタデ
8  ツリフネソウ
 
実や種
1 サネカズラ

2 ツルギキョウ
3 ヤマホロシ

4 クサギ
5 ガマズミ
6 ニシキギ
7 マユミ
8 ホウチャクソウ
9 キジョラン
10 ヤブコウジ
11 センボンヤリ
12 ハクウンボク
13 ヤマホトトギス
14 ヌスビトハギ
15 ノダケ
16 ノイバラ
17 ヒメヤブラン
18 ミヤマシキミ
19 センニンソウ
20 ムラサキシキブ
21 アオツヅラフジ
22 コブシ
23 ジャケツイバラ

その他

虫こぶ  
ハクウンボクハナフシアブラムシが形成するハクウンボクエダサンゴフシ

シダ  
1 フユノハナワラビ
2 トウゲシバ
  
(ヒカゲノカズラのなかま)

カエデのなかま
1 イロハモミジ
2 オオモミジ
3 トウカエデ
4 カジカエデ
5 イタヤカエデ
  
(オニイタヤカエデと思われる)


 Part-6でであった花
(注)私の撮影記録より
Kimさんのチェックを受けていません
いくつ合っているでしょうか。








いろいろな形と色のセンブリ 

ジャケツイバラの実  

トウゲシバ

ヤマホロシの実  

サネカズラ
(別名:ビナンカズラ)の実  

カシワバハグマ    

ハクウンボクの実  
 
ノブキ

コブシの実

トウカエデ(唐楓):中国原産
葉が3つに裂けている

チカラシバ

アザミ 

アオツヅラフジ



ツルギキョウの実

ニシキギ
 




inserted by FC2 system