シニアの趣味の世界TOP
     HOME 
     2017年度大菊栽培記録
     2016年度大菊栽培記録 
     2015年度大菊栽培記録
     2008年~2014年度振返って
 
平成29年度 綾瀬菊花会行事予定 
2月26日(日) 
 10:00~
定期総会
中央公民館
会員
4月09日(日) 
 10:00~
講習会:中央公民館 
培養土作り・挿し芽
一般参加者 
5月07日(日)
 10:00~ 
講習会:中央公民館 
小鉢上げ・中鉢移植
一般参加者 
5月20日(土) 
 10:00~
緑化フェア:
光綾公園
会員 
6月18日(日)
 10:00~
 13:00~
講習会:中央公民館  
小鉢上げ・中鉢移植
懇親会:中央公民館  
一般参加者 

会員 
7月16日(日)
 9:00~ 
定植状況巡回  役員・希望者・
一般
8月20日(日)
 9:00~ 
生育状況巡回  役員・希望者・
一般
9月17日(日) 
 9:00~
 
 14:00~

 16:00~

出蕾・生育状況巡回

講習会:市役所会議室
開花促進・出品調整
役員会:市役所会議室 
菊花展の計画検討

役員・希望者・
一般

会員

役員・事務局
10月01日(日)
 13:00~ 
総会:市役所会議室
菊花展実施要項 
会員・事務局
10月22日(日) 
 9:00~
菊花展出品調整巡回  役員
11月04日(土)
 ~08日(水) 
あやせ文化芸術祭菊花展
市役所市民ホール
 
11月26日(日) 
 13:00~
表彰式・懇親会:
中央公民館  
会員 
12月08日(金)
 15:00~ 
部会・役員会:
市役所会議室
本年度反省・来年度計画 
役員
1月21日(日) 
 10:00~
役員会:中央公民館  
30年度総会に向けて 
役員
 
 私の大菊作りの真髄シリーズ①
「綾瀬市老連だより 第64号」より
   わが綾瀬菊花会副会長の五十嵐良男氏が地元の老人会のメンバーとして、市老連の一般の方々向けに大菊栽培の基本について書かれたものです。市老連及び五十嵐氏から許可を得ましたので、ご紹介いたします。
 更に詳しい情報を得たい方は、是非我が綾瀬菊花会を訪れてください。いつでも大歓迎です! 
 

 6月の菊作り 
 ◆鉢: 日当たり
 ◆肥料: 
 ◆水遣り: 1日に1回午前中
 殺菌・殺虫剤:
 
 5月の菊作り 
 小鉢あげ: 挿し芽(4/12~14実施)0⇒(5/2~4予定
 ◆肥料:       
 ◆水遣り:
 ◆摘芯: 
 ◆殺菌・殺虫剤: 
 
4月の菊作り
 ◆鉢: 挿し芽後雨よけ+日よけ
 ◆肥料: 挿し芽前に液肥2回(4/6 実施)
      挿し芽12日後1,000倍アミノ液肥+キング活力剤を施す 
 ◆水遣り:冬至芽は1日1回 
        挿し芽後12日間は水遣りをしない

 長管冷蔵保存: 挿し芽2週間前 (4/2 一部実施)
 ◆挿し芽: 上旬:短管(4/10田中さん実施、いただく) 
         中旬:短管、中管、長管(4/12~14実施)

 ◆殺菌・殺虫剤: 挿し芽前に2度 (4/2, 24実施
 ◆小鉢上げ: 挿し芽4/10⇒(4/30予定
 
4月の我が家の庭を彩る花 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    2017年度の大菊栽培記録  
 
 2月~3月  4月~5月  6月~7月  8月~9月 10月~11月 12月~1月
  

 <4月・5月の菊作り作業は左側の「4月の菊作り」「5月の菊作り」にも記載>

5/20
5/7
  光綾公園にて 緑化フェア 
講習会「小鉢上げ」「中鉢移植」

4/24  冬至芽と小鉢上げ1鉢に 殺菌・殺虫剤(ハチハチ乳剤 1,000倍液)散布
 
4/23  4/10挿し芽の苗に活力剤と液肥を与える  
4/12~14  3日かかって挿し芽完了する  
4/9   講習会「培養土作り」「挿し芽」  
4/6   液肥(育成有機 500倍)を与える  
4/2   殺菌・殺虫剤(ハチハチ乳剤 1,000倍液)散布  
           

  4月23日(日) 4/10挿し芽苗に活力剤と液肥を与える

 田中博司さんが挿してくださった挿し芽苗に13日目の今日活力剤KINGと液肥(国華園大菊液肥V)を与えました。写真は液肥を与える前の苗です。水分なしで12日間過ごしましたが、元気でした。



 また、夫の畑のビニールハウスに入れておいた冬至芽の鉢を外に出しました。これからは虫の活動する時期になりますので、明日は3種混合の殺菌・殺虫剤液をかける予定です。小学校用の苗を必要としている土屋さんにも連絡を入れようと思います。




  4月18日(火) 記録のみ

 挿し芽苗の入った発泡スチロール容器の管理場所は、昨年の失敗に懲りて従来の形に戻しました。つまり、目の十分届く1F和室と洋間の曇りガラスのある窓際に置きました。日中は新聞紙のみをかけ、夜はその上に発泡スチロールの蓋をずらしてかけ、毛布を被せました。
 3日目から午前中1時間曇りガラスから入る日光に当て、翌日は2時間・・・という具合に調節していきました。


  4月12日~14日 挿し芽実施

 4月7日に田中博司氏に短管の「富水」の冬至芽をいただいて挿し芽をする予定でしたが、実家に不幸があり、それどころではなくなってしまいました。
 帰宅して9日の講習会には出席しましたが、翌日は田舎に戻り、10日に実施予定だった中管の挿し芽も不可能になりました。
 
     12日になってからお電話で、「短管の挿し芽の時期を逃してしまったので今回はなしにします。」と田中氏に伝えましたところ、「挿しておいたのをあげるから取りに来るように。」とおっしゃってくださったので、ご自宅に伺いました。
 約束の「富水」と間管「瀬戸光雅」ばかりでなく、10日に一緒に挿してくださった「情熱」もいただき、更に「自分でも勉強のために挿してみたら」と短管はじめ他の苗もいただいてきました。
 福島氏からも講習日に声をかけていただいた「聖者」の苗を3本頂いて帰宅し、その日のうちにすべての挿し芽を行いました。
 左と以下の写真が田中氏からいただいたものです。「富水」1鉢は既に小鉢上げがなされていました。
 
 肉眼で見る葉の色はさほど差はないのですが、写真に撮ると差が出てしまいます。
 いくつ良い根が出るか楽しみです。
 田中氏が10日に挿してくださった苗
「富水-5、瀬戸光雅-5、情熱-3」
 12日に挿した苗(田中・福島氏から頂く)
「金山-2、銀峰-3、由季-1、新聖光の朝-1、
聖者-3、名所-4、富水-6、彩胡優香-3」


  13日に挿した冷蔵保存の苗

 左同様の苗、14日に元気のない2本は処分 

 












  14日当日採取し、2時間経てから挿した苗
 4月20日に挿し芽を行う予定だった長管「ひな祭り」は、冷蔵保存の苗も当日採取した苗も14日に挿してしまいました。3日間挿し芽に明け方まで費やし、もう1度行う気力も体力もなくなってしまったからです。
 ドーム菊・スプレー菊の挿し芽は18日以降に行う予定です。
「ひな祭り」はただでさえ伸びすぎるのに、こんなに早く挿してしまって後悔するのは目に見えていますが、頻繁にBナインの力を借りてやっていくつもりです。
 
上同様、 14日に挿した苗

私の育てた苗は以下の種類でした。
「右近、富士の新雪、強大、富士の輝、桜島、越山、太平の銀峰(土屋さんから
鉢ごといただいたもの)
ひなまつり、金波、
熱、光輪、夢蛍」


 
4/12撮影  上の写真:挿し芽の終わった福島氏の苗
 
中の写真: 7本立て用に3/22に挿し芽をし、4/5に小鉢あげをした苗 
   
その後、空いたところに3本立て用に挿し芽をした腐葉土作成用箱。中には下のように電気の入ったホットカーペットが敷いてありました。
その上に新聞紙がかけられ、上部はしっかりした蓋がしてありました。
 
 

  4月09日(日) 講習会「培養土作り」「挿し芽」

 第1回目の講習会は会員と一般参加者5名を加えた合計19名が参加して行われました。新副会長の藤岡氏から本日の講習の紹介があり、新会長の鈴木氏の挨拶の後、今年度から菊作り育成担当理事となった前会長の岡田氏から、テキスト「楽しい大菊作り」を用いた講習が行われました。
 その他の配布物には「(ドーム型づくり)の仕立て方」と「スプレー菊三本植えの仕立て方」がありました。
 今回は「大菊づくりの要点」「培養土づくり」「挿し芽の仕方とその後の管理」の説明をテキストをもとに行い、板書で補ったりしました。また、本物の苗を用いて、挿し芽の整え方や発根剤のつけ方、ビニール鉢へ挿していくやり方を実演しました。その後一般の方にも挿し芽の体験をしていただき、ご自分で挿した苗は持ち帰っていただきました。






   
   
 

 一般の方の挿し芽体験時には、二人目の新副会長の土屋氏がサポートしていました。
 
『岡田氏の話よりなぜ大菊作りは難しいのか
 ただ大きな花を咲かせるだけならそれほど難しいものではない。品評会の規格とその時期に合わせた大きくて美しく整った花を咲かせなければならないのが難しいのである。


  4月02日(日) 殺菌・殺虫剤(ハチハチ乳剤 1,000倍液)散布
   夕方 畑のビニールハウスに出かけ、10日の挿し芽予定日までに丈が伸びすぎる苗を冷蔵保存用に切り取りました。
 その後 ハチハチ乳剤 1,000倍液を鉢の苗の方に散布しました。
 雨が続いたので水遣りをしなかったため、乾き気味の鉢もあり、苗に直接あたらないよう控えめな水遣りもしました。


 先日の殺虫剤処理の時、市販の殺虫剤の空になった容器にハチハチ乳剤を入れて散布しているのを見ていた夫が、上の写真の入れ物を購入してくれました。
 1鉢に対し十数回も手で押して霧吹きをする必要がなくなり、今回は楽に作業をすることができました。
 ただし、散布終了後の液体の止め方が分からず、大変困りました。
 多分、最初からほどほどの量を入れておき、すべてを使い切るのだろうと思いますが、気付くのが遅すぎました。

 
  すべてが挿し芽できるとは限りませんが、冷蔵保存苗は以下の数字に変わりました。
「精興右近(8)」「国華強大(10)」「富士の新雪(13)」「精興右近(8)」
「富士の輝(4)」「新銀峰(2)」「国華越山(3)」「国華桜島(2)」「泉郷情熱(1)」
「聖光金波(9)」泉郷夢蛍(10)」
「彩胡光輪(8)」 「泉郷ひなまつり(7)」 

                   

inserted by FC2 system